ハースストーン攻略まとめ速報

Blizzard初のカードゲーム「Hearthstone(ハースストーン)」日本語版の攻略情報をお届けします

ハースストーン攻略まとめ速報

ビルボード

[HS攻略]初心者向け ハースストーンの遊び方・ルール

      2015/10/22

ランキングタイトル

本日の人気記事ランキング

ここではハースストーンの遊び方やルールを始めたばかりの初心者ユーザーのために解説します。

勝敗条件は

先に相手ヒーローの体力を0にして倒した方が勝ちとなります。
ちなみにハースストーンの場合には、他のカードゲームと異なりデッキのカードを全て引いても敗北になりません。

まずはじめに

先行後攻がゲーム開始時に自動で割り振られます。
先行のプレイヤー:デッキからランダムに3枚カードを引く
後攻のプレイヤー:デッキからランダムに4枚カードを引く
※後攻のプレイヤーには”The Coin”というスペルカードが与えられます。The Coinは利用したターンのみマナが”1″上昇します。

盤・戦闘画面の見方

ハースストーン

カードの見方・数字の意味

Leper_Gnome
カードには数字が書かれていますがその意味を見てみましょう。
ちなみにユニットカードのことを”ミニオン”と呼びます
左上の数字:カード使用に必要なマナの数
左下の数字:攻撃力
右下の数字:体力(HP)

カード下部の説明文(”Deathrattle: Deal 2 damage to the enemy hero”の部分)はそのカードが持つ特殊能力です。

ターン経過とマナコストについて

カードを場に出すために使用するには、カードの左上の数字分のマナを消費します。
下記の表のようにカードを使用するのに必要なマナはターン経過とともに増加していきます。
つまり開始直後のターンから消費マナが多い強力なカードは利用できません。

経過ターン1234567891011ターン以降
マナ容量1234567891010

現在のマナ容量は画面右下に表示されます。

手札について

自分のターンの最初に毎度1枚手札からカードを引きます。
手札には最大10枚まで所持することができます。10枚を超えた11枚目以降のカードは新しいカードから自動で破棄されます。

デッキからカードがなくなるとダメージ

デッキに残りカードが無くなった状態でカードを引くとダメージ(ファティーグダメージ)を受けてしまいます。
ファティーグダメージはドローを重ねるたびにダメージが+1されます。
自ターン開始時のドロップだけで無く、スペルやミニオンの特殊能力によりカードを引く場合にもダメージの対象となる。

ヒーローとヒーローパワー

自キャラとなるヒーローには9種類のヒーローが存在します。
ヒーロー毎に固有のカード(スペル/ミニオン/シークレット/武器)が存在する。これらのカードをデッキに組み込むことでヒーローの特色が反映されます。ヒーローは全て共通で体力は30となっています。
またヒーローの種類により、ヒーローパワーの他に使用できるカードの内容も異なるので、選択したヒーローによって戦略も変わってくることになる。

ヒーローのレベルアップ

Heroレベルは最大60。
レベル10まではそのクラスのBasicカードがもらえる。 (レベルアップによるステータス上昇等はありません)
レベル11以降からはBasicのゴールデンカードが貰えます。

ヒーロー固有の能力ヒーローパワー

各ヒーローには、能力の異なるヒーローパワーがあります。
ヒーローパワーはヒーローの種類に関わらず共通で
「1ターンに1度のみ使用することができる」
「使用マナコストは固定で”2″」

各ヒーローとヒーローパワーの一覧

画像ヒーローヒーローパワー
Garrosh64ウォーリア(Warrior)ヒーローにアーマー2を付与する。
(相手の攻撃を受けてもアーマーが0にならない限りダメージを受けない。また、ターンの経過によってアーマーが減少することはない。)
Gul'dan64ウォーロック(Warlock)体力を2消費し、カードを1枚引く
(ヒーローがGuldanからLordJaraxxusに変わった場合、ヒーローパワー「INFERNO!」が使用可能になる)
Thrall64シャーマン(Shaman)4種のTotem属性ミニオンからランダムに1体召喚する
(出現するトーテムの種類は重複せず、全種類展開している場合は起動できなくなる)
Malfurion64ドルイド(Druid)ヒーローにアーマーを1付与する。また、このターンのみ攻撃力を1付与する。
(相手の攻撃を受けてもアーマーが0にならない限りダメージを受けない。また、ターンの経過によってアーマーが減少することはない。)
Rexxar64ハンター(Hunter)相手ヒーローに2ダメージを与える
Uther64パラディン(Paladin)攻撃力1/体力1のミニオンを召喚する
Anduin64プリースト(Priest)対象の体力を2回復させる
(スペルカードShadowformを使用することで、ヒーローパワーをMindSpike(2ダメージ与える)に変更できる。
ヒーローパワーがMindSpikeの状態でShadowformを重ね掛けすると、MindShatter(3ダメージ与える)に上書き可能。)
Jaina64メイジ(Mage)対象に1ダメージ与える。
Valeera64ローグ(Rogue)攻撃力1/耐久力2 のダガーを装備する

カードの種類と役割

ハーフストーンで登場するカードには、役割が異なる4種類(ミニオン、スペル、武器、シークレット)のカードが存在します。
ここでは各カード毎の役割について説明します。

ミニオンカード

410

例:「Voodoo Doctor」
マナ消費1、攻撃力 2、体力1、召喚時に(ヒーローかミニオンを対象に)体力を2回復する。

  • 使用するとバトルフィールドに召喚される。
  • 召喚したターンは眠っているため攻撃は出来ない。
  • 体力が0になると破壊され消滅する。
  • 攻撃可能なミニオンは、攻撃力の値分相手ヒーローやミニオンなど任意の攻撃対象にダメージを与えることが出来る
  • 戦闘ダメージは、どちらが攻撃を仕掛けたかにかかわらずお互いに攻撃力分のダメージが体力から減ります。
  • 攻撃力/体力の他にアビリティを持つミニオンが存在し、カードに記載されている能力の発動条件を満たすと、能力が発動します。主なアビリティの種類は以下となっています。
能力効果/発動条件備考
雄叫び(Battlecry)カードを場に出した時に効果が発動するデッキなど手札から直接場に出していない場合は発動しない
突撃(Charge)召喚と同時に攻撃を行える場に出る手段は問わず効果が発動する
チューズワン(ChooseOne)2つの効果の中から任意の効果を選択し、発動する事ができる場に出たタイミングで効果発動(雄叫びと同じ)
コンボ(Combo) そのターンで2枚目以降に対象カードを出した場合に効果発動ヒーローパワーの使用はカード枚数としてカウントされない
断末魔(Deathrattle)対象カード破壊時に効果を発動する変身など、破壊されていない場合には発動しない
聖なる盾(Divine Shield)相手の最初の攻撃を1度だけ無効化破壊(Destroy)する効果は防げない。
激怒(Enrage)ダメージを受けた状態の間発動体力が最大まで回復されると無効になる
凍結(Freeze)Freeze状態になったキャラクターは攻撃不可(反撃は可能)沈黙(Silence)で解除することができる。
オーバーロード(Overload) 次のターンのマナから数値分消費する次のターンはマナが減った状態になる
沈黙(Silence) ミニオンの特殊効果(バフ/デバフ/アビリティ)を全て消し去る「攻撃できない」効果を持つミニオンにかけた場合には、効果が消えて攻撃可能になる
隠れ身(Stealth)ステルス状態のミニオンは攻撃対象にならない※対象ミニオンが相手を攻撃すると効果は解除される。
※全体やランダムでのスペルの影響は受ける
※ステルス中は挑発は無効
呪文ダメージ(Spell Damage)使用するスペルのダメージを記載の数字分プラスする複数回ダメージを与えるスペルの場合にはダメージ回数が増える
挑発(Taunt)Tauntのアビリティを持ったミニオンが場にある場合、相手は強制的にそのミニオンを攻撃しなければいけない※挑発が場に複数いる場合、挑発持ちのどれを攻撃するかは選択できる。
※ステルス中は無効
変身(Transform)ミニオンを特定のミニオンに変化手札やデッキに戻されても変化前のミニオンには戻らない
疾風(Windfury)1ターンに2回攻撃ができる攻撃済みのミニオンに疾風を付与した場合、即座にもう一度攻撃が可能。しかし、疾風により2度攻撃済みのものに再度効果を付与しても3回攻撃はできない。

またアビリティは持たない代わりに攻撃力/体力が高めに設定された「バニラカード」と呼ばれるカードも存在する。

スペルカード

Fireball

例:「Fireball」
マナ消費4、(任意のヒーローかミニオンを対象に)6のダメージを与える

スペルカード(魔法カード)は、ヒーロー/ミニオンに直接ダメージを与えるカードや、ミニオンを別のミニオンに変化させてしまうカード等、様々な効果を持ったカードが存在する。
ヒーロー毎にスペルカードの効果に特色があり、どのスペルカードをデッキに組み込むかで、大きく戦略が変わってくる重要なカードとなっている。 今のところ、全てのヒーロー共通で使用出来るスペルカードは無い。(2014年1月現在)
効果を発動すると消滅する。

武器カード

Ogre Warmaul

例:「Ogre Warmaul」
消費マナ3、攻撃力4、体力2、50%の確率で、対戦相手の違うミニオンもしくはヒーローを攻撃する。

使用すると味方ヒーローが武器を装備し、戦闘ができるようになります。装備したターンから攻撃することが可能。
武器カードには攻撃力/耐久力が設定されており、耐久力が0になると消滅する。
基本的にターンの経過で耐久力が減らず、ヒーローが武器で戦闘する毎に耐久力が減少する。
相手ミニオンを攻撃した場合、ミニオン同士の戦闘とおなじく反撃ダメージを受ける。

シークレットカード

Explosive_Trap例:「Explosive Trap」
消費マナ2、あなたのヒーローが攻撃対象になると発動。全ての敵(ヒーロー/ミニオン)に2ダメージを与える。

使用すると相手からは効果がわからないよう、場に伏せられた状態で配置されます。
“味方ヒーローへの攻撃”、”相手がミニオンを召喚”、”相手がスペルカードを使用”など、カードに記載されている発動条件を満たす事で効果が発動される。
シークレットは相手のターンでのみ効果を発動します。ハースストーンにおける数少ない相手ターンに使用できるカードです。
シークレットカードが場にあることで行動を警戒せざるを得ないため、心理的に相手の行動を制限出来る効果もある。

デッキ構成のルール

任意の30枚のカードを選択する。
同じカードを選択できる枚数には制限がある。
フリー、コモン、レア、エピックは2枚まで、レジェンダリーは1枚までとなる。

固定:HS雑談トーク誘導

ハースストーンのこと気軽に一言ぼやいてくださいな

初心者の人も上級者の人も仲良くHS雑談トークしましょうよ!フレンド募集とかもね
運営への不満やデッキ構築の質問など気軽にコメントしてね

ハースストーンなんでも雑談掲示板


adsense

Twitter

HS攻略まとめの最新更新情報をお知らせします。フォローしてね!

本日の人気記事ランキング

関連ページ

 - 遊び方 , ,